ヤミ金 口座凍結

ヤミ金から借りただけで口座凍結するのはどうして?

ヤミ金からお金を借りる時は、手渡しや銀行振込という方法が取られますが中でも銀行振込の融資の場合に口座凍結してしまう可能性が高くなります。
凍結された理由は犯罪利用預金口座であると警察から銀行に連絡が入ったからです。
ヤミ金から借りる事自体は特に犯罪行為でも何でもないのですが、実は自分の知らないところで自分の銀行口座が犯罪行為に使われている事があるんです。
具体的にはこんな感じです。

 

あなたの銀行口座

融資依頼

ヤミ金

取り立て

別のヤミ金被害者

融資

返済

※形式上は上の流れですが、実際のお金の動きは「別のヤミ金被害者」⇒「あなたの銀行口座」となります。

 

ヤミ金被害者からの返済口座としてあなたの口座番号が教えられて、その返済額があなたに融資されたという構図です。
こんな回りくどい方法を取るメリットはただ一つ、足がつきにくくなるからです。
ヤミ金被害者があなたの口座に返済金を入金しているのでお金の流れだけを追うと本来はヤミ金からお金を借りただけなのに、まるであなたがヤミ金業者のように見えてしまいます。
この図でいうヤミ金被害者さんが警察に被害届を出した場合、あなたの預金口座は犯罪利用があったとして凍結されてしまいます。

犯罪利用時の口座凍結ではどんな罰則があるか

自分の口座が犯罪に利用された事により口座凍結の措置を取られたという事は、その情報が警察にも伝わっているのでヤミ金業者逮捕の手がかりとして事情聴取を受ける場合があります。
ヤミ金からお金を借りている事を恥ずかしがらず、事実をありのまま話せば誤認されて罰則を受ける事はないと思って大丈夫です。
もともと警察は「あなた=ヤミ金」という安直な考え方はしていないので安心して捜査に協力して下さい。

 

ただ、一度凍結された銀行口座は永久に復活する事は無いというのが普通です。
一度ヤミ金業者に口座情報が洩れてしまっているので、また犯罪目的で使われるといった危険性があるからです。
給与の受取口座やカードの引落し口座などに登録している場合は忘れず別の口座を伝えておきましょう。
こんな面倒な事にならない為にも、ヤミ金に教えた銀行口座があったら即解約しておく、ヤミ金との付き合いをスッパリ断ち切るという事が大切です。

 

>>ヤミ金問題をスパっと解決したい人はココをチェック!<<